Androidスマートフォンで撮った写真をMacbookに取り込む方法

apple



AndroidスマホとMacbook間での写真などのファイルのやりとりを行う場合、iCloudなどのクラウド経由して行う事が多いですが、会社のスマホなどクラウドで連携出来ない場合もありますよね。

そんな時に簡単にファイルを転送する方法をご紹介します。

クラウドを使わない場合、

  1. USBケーブルを使ってファイルを転送する方法
  2. USBメモリを使ってファイルを転送する方法
  3. ファイル転送アプリ・ソフトを使って無線でファイルを転送する方法

があります。

今回は一番簡単で手間のかからない「1.SBケーブルを使ってファイルを転送する方法」をご紹介します。

では早速、転送するための準備とファイルを転送する方法をご紹介します。

Androidスマートフォンで撮った写真をMacbookに取り込む方法

準備

準備としては、ご自身のAndroidスマートフォンとMacbookそれぞれに接続可能な形状のコネクタを持つケーブルを用意して下さい。

私は、スマートフォンはXperia1、MacはMacbook(M1、2020)を使用しているので、Type-c – Type-cを使ってファイルを転送しています。

Macbookの場合Windowsのと異なり、ファイルを転送するためのアプリの導入が必要となります。

でも、サードパーティー製の怪しいアプリでは無く、Googleが提供しているアプリです。

アプリの導入は初回だけですし、インストール方法も簡単なのでさくっとやってしまいましょう!

アプリの入手方法

下記にGoogleのアプリダウンロードサイトのを貼っておくのでここからアプリをダウンロードして下さい。

Googleのアプリダウンロードサイト

このサイトにアクセスすると、上に写真の通りが画面が表示されるので、中央部分の[DOWNLOAD NOW]をクリックしてアプリをAndroid File Transferアプリをダウンロードして下さい。

ダウンロードが終わったら、いつものアプリをインストールすると時と同じ要領でdmgファイルをダブルクリックしてインストールを行って下さい。

これで、準備は完了です。

ファイルの転送方法

ファイルの転送方法はとても簡単です。

Androidスマートフォンと、Macbookを用意したケーブルでつなぐだけです。

ケーブルをつなぐと、自動的にMac側でAndroidを外部ストレージと認識してFinderのような画面が起動します。

写真であれば『DCIM』フォルダの中に入っていいるのでこのフォルダをクリックして、読み込みたい写真(ファイル)の位置まで進んで行って下さい。

そして必要なファイルまたはフォルダをドラッグ&ドロップでMacにコピーして下さい。

これでファイルの転送は終了です。

タイトルとURLをコピーしました