iPhone7のヘッドフォン端子廃止はイノベーションか?それとも失敗か?

apple-1283307_1280

iPhone7のヘッドフォン端子廃止

今日、Forbes Japanの『アップル「iPhone 7の欠陥」を認識 早すぎたヘッドフォン端子廃止』という記事を見ました。

内容は、iPhone7発売以来、多分大きな機能の中では唯一評判の悪い、イヤホンジャックに関するもので、OSの不具合によってワイヤレスイヤフォンである『EarPods』の音量操作やsiriが使えない事態が発生しており、これをAppleが不具合と認めているという記事である。

Appleは常に時代の先端を走り、多くのプロダクトを成功させてきた実績があり、今回のイヤホンジャックの廃止もその流れによるものと、AppleからiPhoneの発表があった時には思い、Apple廃止と言うならそのような時代が来るのだろう考えていたが、今後の期待の反面、実はスッキリしない部分があった。

今回の記事を見て、私自身スッキリしなかった部分がクリアになった。

どういう事かと言うと、なぜこれまでスッキリしなかったかと言うと、今回のイヤホンジャックの廃止は前向きなイノベーションによるものでは無く、必要悪としての設計変更であったと確信したからである。

どういうことかと言うと、Appleは有る意味、常に最先端のプロダクトを世の中に出事を義務付けられており、そして他のプロダクトに遅れを取るという事は許されないと言う風潮がある。

そんな中、特に日本ではかなり前から当たり前になっている、スマホの防水対応はAppleにとっては製造技術が無いと見られない為にも早急に対応すべき懸案であったと考えるのが自然であり、今回この懸案を解消するために動いたと考えられるからである。

上記の加えて、私自身なぜAppleがなぜやむなくイヤホンジャックを減らしたと見ているかと言うと、イヤホンに無線を使うのは、音質がどうしても落ちると言う事と、なにより有線と違って、同じ無線が飛び交う人が多く集まる場所では音飛びが避けられないという、音楽を聞く人に取っては耐え難い現象を黙認して踏み切っているからである。

ライトニング端子を使って有線接続出来るじゃないか?考える方もいると思うが、これまで全世界の音楽のリスナーが持っている既に所有しているイヤホンを使うのに、変換ケーブルが必要なんて、Apple製品としてなんともカッコが悪く、Appleらしくない。この理由から変換ケーブルはあくまでの補助的な方法であって、Appleとしては『EarPods』を全面に押したかったと考えるのが妥当だと考えています。

ただ今回の結果は、どんな理由にしろ、後退ではなく進化の過程での、結果論としての失敗であるので、今後の革新を期待したい。






フォローする