iPadから音が出ない!一番多い原因とその解決方法

apple
スポンサーリンク

iPadを使っていて、今まで音が出ていたのに突然音が出なくなった経験はありませんか?

また、アプリによって音が出たり、出なかったした経験はありませんか?

こんな時、みんな真っ先に音量を確認すると思います。

音量が最小になってる場合は音量を上げれば問題は解決ですが、音量を上げても音が出ません。

なんで?

実はこの時の原因はほぼこれから説明することがほとんどなんです。

という事で、音量は十分上げているのに旧に音が出なくなる原因とその解決方法をご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • iPadから音が出ない原因(音量が最小になっている場合を除く)
  • iPadから音が出ない問題の解決方法

iPadから音が出ない! 一番多い原因とその解決方法

iPadから音が出ない原因(音量が最小になっている場合を除く)

今までも音が出ていたのに、急にiPadから音がでなくなる原因の殆どが、消音モードがON設定されてしまっている事が原因です。

コントロールセンターに消音モードの切替アイコンがあって、他の設定を変更する際に、うっかり指が当たって消音モードの設定を意図せずに変えてしまう事があるんです。

消音モードとはApple製品の名称で、一般的によく言う「マーナーモード」の事です。

スマホの場合は、iPhoneであればサイドのハードスイッチで、Androidであれば音量のゲージの所に現在マナーモードが設定されている事を表すアイコンが表示されるので、直ぐに消音モードがONに設定されている事に気付くのですが、最近のiPadには消音モード用のハードスイッチも付いていませんし、音量をアップダウンしても音量の表示(アイコン)に消音モードが設定されている事に気付かない事があるんです。

iPadから音が出ない問題の解決方法

解決方法ですが、原因が消音モードであることがわかったので、このモードをOFFにすれば解決です。消音モードはiPadも右上部から下にスワイプすると下の図のようなメニュー(センターコントロール)が表示されます。

この画面の左下にある、ベルのアイコンをタップすればOKです。

1)消音モードがオンの状態

 

2)消音モードがオフの状態

まとめ

今回、iPadで音が急に出なくなった場合の対処方法をご紹介しました。

iPadは音声通話で使用しないの、マナモードに意図的に設定する事がありません。

よって、このモードに切り替わってしまっていると事に気づく人はほとんどいないと思います。

みなさんは、これからこのモードを疑うようにして下さい。