Apple Pencilを買おうかどうか迷っている人へ

dsc_5276_crop_680x380

先日ApplePencilを買いました。
ApplePencilを買おうかどうしようか迷っている人の為にレビューしてみたいと思います。

個人的には超おすすめです!

でも、周りにあまり使って人はみませんね。特に電車の中ではタブレットを使っているヒ人は良く見ますが、スタイラス自体、使って居る人はいない感じですね。

これは私も含めこれまでのスタイラスの使いにくさによる悪い印象が影響している部分は多いような気がしますが、ハッキリ言って性能は別次元で、別物と思った方が良いと思います。



値段はいくら?どこで買うのが一番安い?

Apple製品って基本的にどこで買っても値段変わらないんじゃなの?とツッコミが来そうですが、なんと買う場所によって少しつづ値段が違うってしってました?私ははじめて知りました。

という事で、何処で買うのが一番安いか調べてみました。(怪し店は除く!)。

2016年10月現在の価格

  • AppleStore  11,664円(税込み) +0円
  • Amazon最安  12,780円(税込み) +1,116円
  • ヨドバシ    11,660円(税込み) -4円
  • ビックカメラ  11,653円(税込み) -11円

僅差でビックカメラが最安でした。

そして、Amzonってなんでも安いイメージがありますが、商品によっては大手の販売ルートの中で一番高いと言う事もあるんですね。勉強になりました。

尚、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店ではApple製品であってもオプション品のたぐいのものにはポイント(5%)が付くので、個人的には量販店での購入をおすすめしたいと思います。

一緒のに買うべきものは小物は?

一番のおすすめと言うよりも絶対買うべきアイテムはペンシルケースです。ApplePencilはま完全な円柱で、すごくつるつるしているので、水平のテーブルでも少し傾いているだけで何処かに転がって行ってしまいます。

胸ポケットに刺せるようなクリップであるとか、色々と試しましたが、私は自信は見た目も大事にしたかったので最終的にはペンシールケースに行き着きました。私は今はiPad本位にゴムで止めることの出来るペンケースを使っています。使い勝手含め一番オススメです。Amazonで1000円ぐらいから買えると思います。

評価は高いがペンの本当の使い勝手はどうか?

スタイラスペンと呼ばれている、タブレットで使うペンとしては、新次元と言ってよいほど書き味が良いです。他のサイトや記事でも書かれている通り、私も最強だと思います。

ただ不満ではありませんが、これまでの紙のノートに慣れている私にとってすごく気になるのが、一つ目は、プラスチックのペン先と、ガラスの本体なので当たり前ではありますが、書き味がすごく固くて、いつまでたっても慣れないと言う事です。

ノートとして使いたい場合は、これまでのノートとはまったく違うものだと頭を切り替えて使わないと正直つらい!使いにくい!といった感じがします。

2つ目はiPadの本体に厚みがあるので、紙のノートに比べ手首が持ち上がる感じになるので違和感があり、これも慣れません。

という事で、もしノートの用途で使いたい場合は正直使いにくいと感じます。

ただ、筆持ちで絵を書いたりするのがメインの人にとってはすごく使いやい相手もだと思います。1万円以上出す価値はあると思います。

書き味以外で残念のところはあるのか?

一番残念なのは充電・接続端子のキャップがなくなってしまう事です。

買ってから嬉しくて電車の中で使っていたのですが、電車が少し込んでいた事もあり、移動した拍子に軽く人にぶつかってしまったのです。
それ以来キャップの姿を見ていません。トホホ…
それ以来かっこ悪いですがキャップ無しで過ごしています。

購入も考えたのですが、キャップは磁石でくっついているだけなので、また直ぐなくなってしまいそうなのと、キャップだけ購入しても1,200円もするです!
もちろん、買えなくは無いですが、キャップだけで1,200円って微妙ですよね!

キャップには何の機能もついていないので、おしゃれなキャップ作って安く販売してくれないかな〜と思って、Amzonで暇を見つけて探しているのでですが、今の所見つかっていません。

dsc_5279_crop_680x380

dsc_5280_crop_680x380

まとめ

まとめると、

筆持ちで操作したり絵を書いたりする人は

 超おすすめです!

字を書くペンとして使いたい人には

 お金に余裕がある人は買い?

て感じでしょうか?

どうですか少しは、購入の手助けになりましたか?
何か気づいた事があれば、また報告します。



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク