iPhoneのテザリング、直ぐに接続が切れてしまい使いにくい問題の最良の解決方法

iPhoneのテザリングって直ぐに切れませんか?

そして再接続する時の一々インターネット共有の画面に行かないのめんどくさく無いですか?

これてiPhoneの仕様なので基本的に対処のしようがありません。

そこで色々と試してみた結果一番快適に使える方法を見つけたのでご紹介します。



解決方法

先に結論から言うと、bluetoothテザリングを使いましょう!という事です。

実はiPhoneを使ってパソコンなどの電子機器を接続する方法には次の3通りの方法があるんです。

  • Wi-Fiで接続
  • bluetoothで接続
  • USBケーブルでの接続

この中でテザリングとはWi-Fiの方が馴染みがあることもあってWi-Fiで接続をイメージしている人が多いと思いますが、実はbluetoothでもテザリングが出来、むしろこちらの方が簡単に使えて、省電力で良いんです。

じゃあなんでみんなbluetoothでザリングしないかと言うと一点だけデメリットが有るんです。

それはWi-Fiの比べて通信速度が圧倒的に遅いんです。

下がWi-FiテザリングでiPadを接続しスピードテストを行った結果ですがダウンロードの速度が33.27Mbps出ています。

次がbluetoothテザリングをで同じ条件で測定をした結果ですが1.23Mbpsと27倍速が違いました。

これを見るを使う気がおきなくなりますが、実は1Mbps以上スピードが出ればwebブラウジングはもちろんのこと、youtubeだって通常の画質であれば問題なく見れるんです。

これで省電力となればこちらの方が断然良くないですか?

そしてここからが本題ですが、Blutoothテザリングを使う場合Wi-FiのようにiPhoneがsleepしても通信が切断される事が少ないし、Blutooth特有の自動的にデバイスを発見しての再接続を自動でしてくれたり。利用デバイス側からの再接続で簡単に繋がったりとても使いやすいんです。

どうですか?4K動画が見たいという人でなければBlutoothテザリングの方が断然使いやすい事がわかって頂けたのではないかと思います。

Blutoothテザリングの使い方は簡単で

iPhoneの[設定]→[インターネット共有]で設定し、使い方も書かれています!

まとめ

iPhoneでテザリングを使いたい人は絶対にbluetoothテザリングを使いましょう!



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク