Apple watch 3 はiPhoneが無くても使えるように?

経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社であるBloombergが、2017年後半に発売される予定のApple watch 3ではiPhoneを介さず直接、携帯電話通信事業者の基地局につながるようになると報じています。



Apple watch 3 はiPhoneが無くても使えるように?

Bloombergの記事によると、Apple watchは2の時代にも、iPhoneを介さずに直接インターネットに抜けられる方法が検討されたが、電池が持たないという事で断念したとい話があったらしい。

そして今回このバッテリー問題が解決し、携帯電話事業者の基地局に直接接続可能な無線機を搭載されるのではないかと報じています。

これはAppleにとっても販売台数を伸ばす意味でも非常に重要な進化であるため、実現される可能性は十分にあると思われます。

そしてこれは、ユーザにとっても利便性が高まることは確実で、実現すれば我々にとっても嬉しいニュースになります。

例えば、最近はスマホの情報の多くはクラウド上で管理されています。そしてパソコン、タブレットなどその他のデバイスとつながっています。

一番分かりやすい例で行くと、パソコンなどでスケジュールの変更を行った場合、iPhoneを経由しなくても直接変更の通知がApple watchに届くことが可能になるので便利になります。

もちろんこの場合AppleがiPhoneユーザ以外にも開放するかによりますが、iPhoneを持っていなくてもいろんな通知を受ける事が出来るようになります。

そして私が一番期待するのは、iPhoneの電池持ちへの影響で、サービスによっては一々iPhoneから信号をApple watchに送る必要が無くなることからiPhoneの電池持ちが良くなる事が期待できます。

ここからは完全に個人的な予想(期待)ですが、今年発売ののiPhone8は大幅なOSの変更が予定され、またデザインついてはたぶんiPhone市場最大の変更が期待されています。

これに合わせてApple watchのデザインも一新してくる可能も考えられると思っています。

Apple watchはこれまでまだ一度も大幅なデザイン変更してませんしね。

Apple watchの発売は2017年末と噂されていますので期待して待ちましょう!

いずれにしても今回のApple watchは買いなような気がします。



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク