セパレートタイプで最強のiPadにおすすめのキーボード『ロジクールK380』のご紹介

セパレートタイプで最強のiPadにおすすめのキーボード『ロジクールK380』のご紹介

 

iPadにおすすめのキーボード『ロジクールK380』をご紹介します。

今回はカバーと一体型ではなくセパレートタイプで最強のキーボードを紹介します。

これまでiPad用として色々なキーボードを購入して試してみました。

これまで試したキーボードはそれぞれに一長一短があり最強に認定するのにずいぶん悩みましたが以下の観点で最強を選んでみました。

【最強を選んだ基準】

  • 持ち運びに便利か?(大きさと重さ)
  • 長時間の使用に耐えるか?(文字を入力するのに疲れないか?)
  • 電池持ちは充分か?
  • 手頃の価格で購入できるか?

などトータルで判断して『ロジクールK380』が最強と判定しました。

では早速『ロジクールK380』がどんなキーボードか見てみましょう!

セパレートタイプで最強のiPadにおすすめの『ロジクールK380』のご紹介

外観

まずは外観を見てみましょう。

持ち歩くので見た目も大事ですよね。

前面

写真の通りキーの形状が丸形となっており、昔のタイプライターのような、ノスタルジックなキーボードです。

でも古臭い感は無く洒落な感じです。

外で使っていても恥ずかしくないですね。

背面

背面はこんな感じで電池ボックスの蓋があるシンプルな感じです。

四隅に足はラバー素材の物が使われているため、机に置いても安定し、ガタガタすることもありません。

サイド

サイドには電源のON/OFFのハードスイッ付いています。

持ち運ぶ時など電源をOFFにしたい時に使います。

電池

このキーボードは電池式です。

電池交換はカタログ上は2年もつ事になっているので電池持ちの心配はあまりありません。

キー操作感

キーボードの命とも言うキー操作感は、かなり良いです。

キーが丸型なのでキーが押しにくいかなと思ったのですが、そんな事は全くありませんでした。

適度のキーストロークで入力しやすく疲れにくいキーボードです。

尚、本キーボードはWindowsとApple製品の両方に対応しており、iPadだけでなく、その他の多くの製品に接続し使うことが出来ます。

その他おすすめのキーボード

重さ重視なら

セパレートタイプでとにかく重さを重視する人おすすめなのがLOGICOOL ロジクール iK1042BKA です。

私が知っている限りでまともに使えるキーボードで一番薄くて軽いキーボードです。

重さは180gと本当に軽いのですが、とにかく電池の持ちがよく、私は1つ前のモデルを所有していますが、電池切れでこまったという経験をしたことがありません。

充電も気が向いた時にしておく程度で実用上全然問題ありませんでした。

しかし一番の難点は、キーボードのストロークがなくキーを押した感が無いに等しいので、キーの打ちにくい感が強く、正直長時間、長文のキー入力には向いていないと思います。

純正にこだわるのなら

純正にこだわるならApple Magic Keyboard – JIS MLA22J/Aがおすすめです。

重さも231gと十分持ち運べる重さです。

キーストロークが浅く、軽くタッチをすのが好みの人には使いやすいと思います。

意外と疲れにくく長時間の使用に耐えます。私は仕事で使ってました。

尚、ご紹介したlogicool ロジクール K380よりもキーストロークは若干浅めの印象でキータッチは軽めです。