MacBookでまず最初に覚えておきたいシュートカットキーベスト10

apple



dsc_5283_crop_680x380

最近スタバとかカフェでMacBookを使っている人をよく見かけるようになりましたね、特に外に持ち出したりアクティブにパソコンを使う人の多くがWindowsのパソコンからMacBookAirに移行しているようですね。

Windowsから移行した人やはじめてMacBookを買った人の多くが困るのがショートカットキーの使い方ではないでしょうか?実際に私もそうでした。

そこで、私がよく使うショートカットキーベスト10を紹介したいと思います。

これだけ覚えておけばまずは基本的な操作に困ることは無いと思います。

ショートカットキーの基本的な使い方

ショートカットキーは1 つまたは複数のキーを押し、全て押したら全てのキーを同時に離します。これでOK!

たとえばコピー機能を使う場合、commandキーを押しながらCキーを押した後、両方のキーを同時に離します。

これまでWindowsを使っていた方へ

実はMacでも意外とWindowsと同じショットカットキーが使えます。

ただし、以下のキーを読み替えて下さい。

  • optionキー   ⇒ Altキー
  • commandキー ⇒  Windows ロゴキー

最初に覚えておきたいショートカットキーベスト10

1.コピー

command + C

WEBブラウザやword、Excelといったアプリケーションの文章や図の選択した項目をクリップボードにコピーします。尚、このショートカットは、Finder 内のファイルに対しても使えます。

2.ペースト

command + V

項目1でクリップボードにコピーした文章や図を現在開いているアプリケーション にペーストします。このショートカットは、Finder 内のファイルに対しても使えます。

3.取り消す

command + Z

直前のコマンドを取り消します。

4.取り消しの取り消し

command + shift + Z

取り消したコマンドの取り消しを行います。

全画面のスクリーンショットを取ります。取った画像はpngファイルとしてデスクトップに保存されます。

5.全画面スクリーンショット

command + shift + 

全画面のスクリーンショットを取ります。取った画像はpngファイルとしてデスクトップに保存されます。

6.画面一部のスクリーンショット

command + shift + 

画面の一部のスクリーンショットを取ります。このコマンドを実行すると画面を切り出すカーソルが表示されるので範囲を指定して下さい。尚、取った画像はpngファイルとしてデスクトップに保存されます。

7.WEBブラウザのホームページにジャンプ

command + shift + H

ブラウザを使用中にこれを使うと事前に登録されたページにジャンプします。

買った時のままであればAppleのホームページが表示されます。

私は良く検索をするのでGoogle(http://www.google.co.jp)を登録しています。

登録方法は「safari」→「環境設定」→「一般」→「ホームページ」を修正すると登録出来ます。

8.検索

command + F

検索ウインドウを開きます。

また、アプリケーション内ではアプリケー内を検索する為の検索ウィンドウが開きます。

9.続けて検索

command + G

直前に検索した項目が次に出現する箇所を探します。

このコマンドの覚え方は「F」の次だから「G」と覚えましよう!

参考までに「F」はFindのFです。

尚、command + Fの位置に戻るのは残念ながら「E」では無くcommand + shift + Gです。

10.すべてを選択

command + A

項目をすべて選択します。

 

以上10個のショートカットキーを紹介しました。

これらが覚えて置くと便利なショートカットキーになります。

もちろんこれらの多くが各種メニューから実行出来ますが覚えて置くと作業がはかどり便利です。コレ以外にも何十もシュートカットキーはありますが、自分のする作業内容に合わせて少しずつ覚えて行くと良いと思います。

WindowsからのMacに乗り換えた人は、基本的には似たようなキーで同じことが出来るのですがキーが若干異なる為に少し戸惑うことが多いと思いますがとにかく、この10個を覚えて慣れて下さい。

コメント