ブログ運用に行き詰まったら読むべき一冊|たった2200円でステップアップ

皆さんブログ運用順調ですか?

PV数が伸びない、収益が伸びないという人、多いのではないでしょうか?

私がまさにそうでした。

そんな時に多くの人がとる手段は2つです

  • ブログをキッパリやめてしまう
  • 自分のブログの運用方法を見直す

私自身もこの2択で悩みました。

この記事を読んでいる人は、既にブログを立ち上げて運用している人だと思います。

せっかく決心してはじめたのに、ブログをやめると言うのは勿体なさすぎます。

有名なブロガーの言葉を借りると、「投資は数千円で収益は青天井」こんな夢のある世界から簡単に抜け出してしまうのはもったいないですよね!

私自身も、同じような経験をして、そのときにたまたま書店で出会って、まだやれる事がある、もう一度踏ん張ってみようと思わせてくれたのが今回紹介する本です。

また、この本を読んで実践し、早速効果あったのでこれもあわせてご紹介します。

ブログ運用に行き詰まったら読むべき一冊

ブログ運用に行き詰まったら読むべきと、お薦めできる本は「沈黙のWebマーケティング」です。

この本は、実際に実績を上げている有名なブロガー「ヒトデ」さんなどもお薦めしている有名な本なので、既に読んだよ!と言う人も多いのでは無いでしょうか。

実はこの本、2020年10月に内容が最新のものにアップデートされ、新刊として新たに発売されています。

既に読んだ事がある人も読み返す価値があると一冊です。

Amazon購入ページ:「沈黙のWebマーケティング」

 

この本に関するデータ

  • 初版発行: 2020年10月1日
  • 著者:松尾茂起(株式会社ウェブライダー)
  • 出版社:株式会社エムディエヌコーポレーション
  • 価格:2200円(税込)
  • アマゾンでのユーザ評価:★4.5(5点満点)

尚、この本、なんと2021年8月時点で第3版まで重版されています。

WEBマーケティングというニッチなニーズの分野の本にも関わらず、約1年で3版まで重版されるほどの人気ってすごいですよね。

Amazonでも星4.5と多くの同じ悩みを抱えている人からも支持されているようです。

また約500ページというボリュームなのに2200円と言う親切価格。

Amazon購入ページ:「沈黙のWebマーケティング」

 

この本で学べる事

本の目次を書き出すとこんな感じ、

〈ストーリー 目次〉

  • EPISODE 01 夜明けのSEOペナルティ解除
  • EPISODE 02 偽りと本質のWebデザイン
  • EPISODE 03 Webライティングは二度輝く
  • EPISODE 04 逆襲のSWOT分析
  • EPISODE 05 コンテンツSEOの誘惑 ほか

〈解説記事 目次〉

  • ○現在のSEOの潮流を押さえる
  • ○ガイドラインを順守したサイトづくり
  • ○人工リンクの「手動による対策」の解除
  • ○Webデザインの本質は“言葉”
  • ○セールスレターで気持ちに訴えかける!
  • ○マイナスをプラスに転換する!
  • ○人間心理に響くコンテンツを作れ! ほか

ネタバレしない程度に一部内容をご紹介します。

この本ではまず最初にブログ運用に欠かせない、Googleが無料で提供しているツールの本当使い方が説明されています。

Google提供のツールは、基本的には、ブログを運用するため必要な各種データを見るためのものです。

しかし、実はこれだけではなく、SEOのためにGoogleとコミュニケーションを取るというツールでもあるという側面もあるんです。

もし、私のように、これををちゃんと理解しないで使っていると、Googleから信頼されず、サイト全体の検索順位も上がらず、PVが伸びないという原因になっているかもしれません。

この経験については後の「この本を基に実践して実際に得られた成果」でお話しします。

次に、この本を読んで印象的な言葉として、「Webデザインの本質は「言葉」」という話が出てきます。

「素直な言葉」で「素直な文章」を書くこと意識する必要があると書かれています。

この重要さと、どのように実践したら良いかが、ストーリ仕立てでわかりやすく書かれています。

このあたりの内容は漠然とはわかっていたものの、疎かにしてきた部分で、この本のおかげで多くの気づきがありました。

これ以外に、この本にはまだまだたくさんの事が書かれています。

この本を読むと、自分のブログがいかに、現在成功している人気ブロガーのサイトに劣っているか、配慮が欠けているかが思い知らされまます。

ただ、この気づきは決してマイナスではなく、まだまだ改善する余地がある事示してくれています。

ブログが伸び悩んでいる人の多くにとって、多くの気づきがあると思います。

気づきがなければそのブログは成功しているはず!

 

この本を基に実践して、実際に得られた成果

この本を読んで自分でブログの改善を試み、現れた成果の実例を1つ紹介します。

  • 自分のブログの平均掲載順位が向上(16位→14位)

実はこれまで、私の知識不足で、Googleからの警告を見逃していました。

この本でツールの見方を正しく勉強できたおかげで、ツールで表示される内容が単なる実績データだけではなく、Googleの警告(改善提案)であると理解でき、このことから掲載順位を改善することにつなげる事ができました。

具体的には、私のブログではずっと長い間、Googleからモバイル表示において改善が必要と警告されていました。

しかし、「不良」のステータスでは無かったので特に気にせず放置していました。

これを今回改善したんです。

この改善はすぐに結果として現れました。

改善方法は、ブログに貼っている画像のサイズを圧縮するという方法で表示のパフォーマンスを上げました。

この結果どうなったと思います?

この日を境に、平均掲載順位が上がり、そしてウェブ検索の合計クリック数(PV数)が向上し、そして目に見えて収益が向上したんです。

すごくないですか?

ちょっとした知識、気づきで改善する事があるんです。

みなさんも、この本を読んで、成功した先人たちのテクニックを盗んで、ブログの改善、収益化を目指しましょう!

「沈黙のWebマーケティング」(Amazon)

 

まとめ

ブログ運用に行き詰まったら読むべき一冊という事で「沈黙のWebマーケティング」という本をご紹介しました。

なんでもそうですが、何かに行き詰まったら一旦立ち止まって、考えてみると事が重要だと思います。

ただ自分で考えても答えが見つからない事が多いので、今回ご紹介した本などを参考にして、改善のヒントを探してみましょう!

「沈黙のWebマーケティング」(Amazon)