SEO対策の真実 ほとんどのSEO対策は間違っている?

ブログ運用



みなさんSEO対策やってますか?

ググるとSEO対策に関する記事は星の数ほどありますが、どれを信じて良いの、どれを実践して良いのか分から無いですよね?どの情報が正しいのでしょうか?

実は、正しい情報は多くはありません。

意図的に誤った情報が流れていると言うよりは情報が古いと言うものが多いように思われます。

では正しいSEO対策はどうしたら良いのでしょか?

実は何も対策しなくても良いんです。

SEOなんて考える暇があればコンテンツの充実に力を入れましょう!と言うのが正しい答えと対策になります。

でも、よく言われているSEO対策の何が間違っているのか気になりますよね?

では代表的なSEO対策を検証していきたと思います。

「外部リンクの数が多いほうが検索順位に上がる」を検証して見る

 

基本的にこの事実はありません。

なぜならこのブログは外部リンク6個にも関わらず、9/240000の順位の記事があります。

そしてなんとこの記事には外部リンクは未だありません。

全くの迷信とは言いませんが外部リンクが重要と言うのは違うと思われます。

尚、9位の記事はandroidに関する記事です。

「記事の文字数は多い程検索順位が上る」を検証してみる

これも事実ではありません。

なぜなら先ほどご紹介した9位の記事は994 文字です。

いろんなSEO対策の記事や本を読んで、書いてあったのですが 「googleは検索順位を決めるのに文字数は気にしていない」そしてこの記事にはこうも書いてありました。「文字数はコンテンツによって違うのその意味で記事にあった文字数が必要。」

これは先ほどからご紹介している私の9位の記事からも明らかです。

じゃあ文字数はコンテンツにあった文字数とはどうやって調べれば良いのだろうか?

この答えのヒントは別の本に書いてありました。検索順位の1番取る方法は、検索順位1位の記事よりも質、量共に充実している必要があるそうです。

という事は、あなたが書きたい記事のキーワードの検索順位1番と同じぐらいに文字数が、そのジャンルの最適な文字数がという事になります。

 

 

 

コメント