地震予知と地震速報のちがいは?

newspaper-598906_1280

みなさん、地震予知と地震速報のちがいってご存知でしょうか?

最近はスマートフォンでは大きな地震が来る時には音がなって知らせてくれるので、私の周りで地震予知と、地震速報を間違えている人がいたので簡単に解説してみたいと思います。

地震予知とは?

読んで字のごとく地震を予知るする事で、過去のデータから地震の発生周期を割り出す方法、動物の異常行動、雲の形などの自然現象から予知する方法と多種多様な方法で研究等が行われていますが、

国土交通省 気象庁によると

地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それは情報としての価値はあまりないと考えます。少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要があります。時を限定するためには、地震の予測される地域で科学的な観測が十分に行われ、常時監視体制が整っていることが欠かせません。そのような体制が整っていて予知のできる可能性があるのは、現在のところ(場所)駿河湾付近からその沖合いを震源とする、(大きさ)マグニチュード8クラスのいわゆる「東海地震」だけです。それ以外の地震については直前に予知できるほど現在の科学技術が進んでいません。

出典元:気象庁

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq24.html

という事で、現時点の科学では地震は予知出来ないと言うのが国としての公式な見解となっています。

では世の中で言われている、さまざまな予知方法や予知できた!と言うニュースはなんなんでしょうか?

これは科学的には証明されていないだけとも言えますし、ただの作り話という事も言えるのかもしれません。

少なくとも2016年に発生した、九州、鳥取の地震を予知でき、住民の避難に成功した!なんて話はきかないので、やはり現時点では予知出来ないというのが正しい理解のようです。

では地震速報なぜ出来る?

地震速報は揺れる前に送られて来て音がなる事が多いので、地震速報を地震予知と間違っている人が多いと思いますが、実は地震速報は実際に起こっている地震を知らせきているのです。

原理は、津波を想像してみるとわかりやすいと思います。

外国で起こった地震の影響で津波がくる場合、◯時◯分に津波が来るので気をつけて下さいと、ニュースで伝えられますよね?

これは地震によって発生した津波を、各国や各海域の任意のポイントでモニタし、この結果から到達時間と大きさを割り出しているんです。

地震速報も同じような考え方をなっており、モニタしている複数の地点の装置が揺れ始めると、どの場所がどれくらい揺れだ出したので、だぶんこの地位域で、これぐらい揺るだろうと予測し、コレを通知しているのです。

なので、震源が近いと揺れと同時、または後に地震速報が来たりしますし、震源が遠いとゆれなかったりします。

と言うことで、地震速報は誤報は別として近隣で地震は発生した事は事実なので、地震速報が来たけど揺れなっかたと言う場合でも、すぐ次の地震(余震)が起こる可能性があるので注意しましょう!






フォローする