BOSE quietcomfort earbudsとSONY WF-1000XM3徹底比較

ガジェット



これまでSONYの完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3を愛用してきたのですが、本日BOSE quietcomfort earbudsを入手しました!

せっかく人気を2分する有名音響メーカーの製品がそろったので、使用感、性能などを徹底比較をしてみたいと思います。

どちらの製品も、超人気でどちらを買おうか迷っている人も多い思います、単純なスペックはググれば確認することが出来るので、みなさんが一番気になる使用感を中心に比較していきたいと思います。

結論を先に述べておくと、両製品共にすごく優秀な製品で人気が出ることには納得できる製品です。

ただ使ってみて分かったのですが、それぞれ性格(個性)があり、個人的な感想としては、お金が出せるのであれば1万円値段が高いけどBOSE quietcomfort earbuds、重低音は要らない、原音に忠実な繊細な音が聞きたいというモニタリングイヤホンに近い物を求めている人であればSONY WF-1000XM3がおすすめって感じです。

後は、詳しく使用感を書いていくので、みなさんが何を重視するかで判断してみて下さい。

それでは比較していきましょう!

BOSE quietcomfort earbudsとSONY WF-1000XM3徹底比較

価格

まずはわかりやすい所からいきましょう!

価格は税込み実売価格で、

BOSE quietcomfort earbuds:33000円(税込み)

SONY WF-1000XM3:22000円(税込み)

が相場となっています。

1万円の開きがあります。

これは悩んでいる人には大きい差ですね。

1万円の差の価値は、以下に書く使用感の詳細を見て判断してみて下さい。

大きさと重さ

 

細かい話をすると、大きさも重さも形状も当然若干違いますが、実利用上同じと思って頂いて間違いありません。

尚、SONY WF-1000XM3のほうが若干小さく、見た目もスマートに見えます。

操作/操作感

操作は、BOSE quietcomfort earbud、SONY WF-1000XM3共に本体に物理的なボタンは無く、タッチセンサーが搭載されており、タッチで操作します。

誤操作防止の為か、両製品共に軽く触れただけでは反応しないことが多く、使用感的、タッチした時のレスポンスは変わりません。

尚、機能についてはSONY WF-1000XM3では音量調整が出来るなど出来る操作が多く、こちらのほうが総合的には使いやすいという印象です。

想感着

着想感は意外と購入時に気にしない人が多いですが、使い始めると1番と言って良いほど気になるところなので重要です。

これに関しては両モデルでまったく違います。

SONY WF-1000XM3がノイキャンを利かすためだと思いますが、マニュアルにも書かれている通り、グリグリねじ込む感じで着想する必要があるのに対して、BOSE quietcomfort earbudはそっと耳の穴に置くイメージです。BOSE quietcomfort earbudの方にはイヤキャップにガイドがついていて、これがあるので、耳から外れる、落ちるといった不安は全くありません。

これに関しては個人的にはBOSE quietcomfort earbudのほうが付け心地、耳への負担が少なく、つけ心地は圧倒的に良いと感じます。

ただし、SONY WF-1000XM3の方でも、純正ではありませんがSednaEarfit XELASTECという製品が発売されており、コレに付け変えることで耳への負担はかなり軽減されます。

これに変えても、BOSE quietcomfort earbudの方に着想感という意味では軍配が上がります。

音質

音質に関しては、私自身が専門家でもないことあること、人それぞれ好みがあることからお伝えするの難しいですが、特徴ははっきり異なるので、ご自身がどちらの音が好きかで判断いただければと思います。

BOSE quietcomfort earbud:
重低音が心地よいいわゆるBOSEサウンドが楽しめます。

しかし、重低音が強すぎて、ボーカルや高音が掻き消されたり、解像度の低いもわっとしたような音色では無く、解像度も高くとてもバランスが良い音が楽しめます。

SONY WF-1000XM3:
すべての音域がクリアに聞こえる、これもいわゆる伝統的なSONYサウンド?

SONYの製品はハイレゾにも対応しており、全体的な味付けとして凛としたクリアなサウンドを醸し出します。

BOSEの方はとにかく重低音が心地よく、臨場感のある音を楽しむには本当に最適なイヤホンだと思います。

解像度はSONYの方高い印象で、聴き比べしていてもとにかく透き通ったようなキレイで繊細な音が楽しめるイメージです。

両方の音を聴き比べしているとSONYの方が物足りなくなってくるのも事実です(好みでしょうけど…)。

食べるものでも日本食は基本的に薄味ですが、体に染み込む感じで美味しく食べられますが、洋食の濃い味を知ってしまうと、無性に洋食が食べたくなったり、濃い味のほうが美味しく感じたりしますよね。

例えが良いかどうかはありますが、こんなイメージです、両方とも人気の優秀なイヤホンなので、音質が悪いと言うことは無く、音の善し悪しでは無く、どちらの音が好みかで選ぶ感じになると思います。

音圧

音圧に関してはBOSEの方があります。

私自身は音楽の再生装置としては、SONYのAndroidスマートフォン、iPadをメインで使っているのですが、いずれを使った場合でも、BOSEの方が音圧が高く、ボリュームを最大にして聞くようなことがなく余裕があります。

外ではやはり雑音が入るので音量を上げたくなる事があるので、音圧に余裕があるのは助かります。

音切れ・音飛び

最近の完全ワイヤレスイヤホンは聞くに耐えない程の音切れ・音飛びする製品はなくなりましたが、それでも、無線を使っている宿命で音飛びは避けられません。

今回、比較のために意地悪試験をやってみました。

方法は、音楽を再生するAndroidスマホとイヤホンの間に電子レンジをおいて動作させ、音楽を聞いてみます。

結果は、なんと、BOSEの方は全く音飛びすることはありませんでした。

ちなみのSONYの方は同じ条件で実験して必ず音飛びが発生します。

実は私無線の専門家でもあるのですが、ワイヤレスイヤホンは無線部にBluetoothという通信方式を使っていて、電子レンジと同じ周波数の電波が使われおり、原理的に同時に使用すると電波干渉が起き、音がブツブツと飛んでしまうんです。ちなみに、SONYの方は音飛びが発生します。

電波干渉は防ぐことはBOSEにどんなに優秀な技術者がいても物理的に不可能なので、多分ソフトウェアの処理で音飛びを最小限の影響で留める仕組みが入っているものと思われます。

これに関してはすごいの一言です。

完全ワイヤレスイヤホンも、有線と同じクオリティで使える時代になって来たと、関心させられました。

という事で、音飛びに関してはBOSE quietcomfort earbudが優秀でした。

ノイズキャンセリング

これに関しても体感できる程の違いがありました。

間違いなくBOSEの方が優秀で、外部のノイズが低減されます。

今回の私はSONY WF-1000XM3とだけ比べていますが、他の人のレビューを見るとAirPods Proよりも優秀と書いている人が多いので、現在発売されている完全ワイヤレスイヤホンの中でナンバー1の性能だと思います。

ただし、間違えては行けないのは、この機能を使うと外部音が完全にすべて消えるという事ではありません。

屋外で使用する場合は車の走る音などの音、かなり低減はされますが聞こえますし、家の中で使っていてもテレビの音や、生活音は完全には消えません。(完全に消えると逆に危険で怖い)

この機能は効きが良いから優秀という訳ではありませんが、良い音で音楽を聞くという意味ではすごく貢献するので、できるだけ性能が良いものを購入するほうが良いと言えます。

また、最近リモートワークなどで、会社や学校のような静かなで落ち着いた環境で仕事や勉強ができない場合がありますが、このような環境でも周りノイズを消せるというのはすごく便利です。

個人的には、音楽を聞かなくてもこれを着けて仕事しようと思っています。

イコライザー

BOSE quietcomfort earbudsにはイコライザーの機能はありません。

この点はSONY WF-1000XM3の方に軍配があがります。

しかし、SONY WF-1000XM3の方は、もともと音がフラットなので、重低音を効かせたいなどカスタマイズしたいと思うことがありますが、BOSE quietcomfort earbudsの方は特にカスタマイズしたいと思うことが無いので、このあたりは結局、どういう音を聞きたいのかという個人的な好みになるような気がします。

総合評価

今回BOSE quietcomfort earbudsとSONY WF-1000XM3を比較してみました。

結論としては、総合的にはBOSE quietcomfort earbudsの方がワンランク上の性能・品質であることがわかりました。

価格が1万円ほどBOSE quietcomfort earbudsの方が高いのですがそれだけの価値はあると思います。

ただし、イヤホンのメインの機能である音質にそれぞれ特徴があり、これまで例えばBOSEの音作りよりSONYの音のほうが好きという人は、SONY WF-1000XM3を選ぶ方が満足度は高いような気がします。

いずれの製品も性能の高い人気のイヤホンですので、どちらを買っても後悔は無いと思いますが、購入の際の参考にして貰えればと思います。

■BOSE quietcomfort earbuds

■SONY WF-1000XM3

タイトルとURLをコピーしました