【FOSSIL FTW4019】スマートウォッチが充電できない場合の解決方法

ガジェット



スマートウォッチは製品の問題か、GoogleのWearOSの問題か特定できていませんが、充電器の上に置いての充電されない時があります。

色々試した結果、解決方法が見つかったのでご紹介します。

尚、私自身が所有していて、この方法が有である事が確認できているのは、FOSSILのFTW4019ですがOSの問題の可能性が高そうなので、その他のスマートウォッチをお持ちの方も試してみてください。

【FOSSIL FTW4019】スマートウォッチが充電できない場合の解決方法

問題(症状)

まず、ここで解決する充電出来ないというのがどういう状態なのかをご説明します。

再現手順:

  1. スマートウォッチ(FOSSIL  FTW4019)を充電器の上に置く
  2. 受電マークが表示されることを確認
  3. 5分ほど待って電池残量が増えている事を確認
    ※通常分充電すると少なくとも数%残量が増えます

尚、私の場合一度この状態になると、いったん充電器からスマートウォッチを取り外した後に、充電器にセットするなどしても状態は変わりませんでした。

また、電池残量の表示だけがおかしくて、充電はできているという事もありませんでした。

解決方法

充電器の故障の確認、ACアダプタの確認、OSの初期化など色々と試してみましたが、完全に解決することはできませんでした。

しかし、完全に解決できないながらも、充電出来ないという状態を脱する方法はわかりました。

その方法は、スマートウォッチの電源のOFF/ON(再起動)です。

この方法で完全に充電出来ない問題が解決するわけではない事は忘れないでください。

充電マークが付くのに充電出来ないという現象に遭遇した人は、今後、充電器にスマートウォッチを置いたら、しばらく経ってから充電残量が増えるかどうか確認してください。

そして、充電出来ていない場合は、スマートウォッチの電源を再起動するようにしてください。

スマートウォッチの電源を再起動する方法

スマートウォッチを再起動する方法をご紹介します。

スマートウォッチの横にハードスイッチがある場合はそれを、無い場合は設定メニューから再起動することができます。

電源ボタンがある場合

スマートウォッチにボタンがある場合このボタンを長押しすると、スマートウォッチを再起動する事ができます。

FTW4019の場合はボタンの真ん中が電源ボタンです。

電源ボタンがない場合

  1. 画面を上から下にスワイプ
  2. 設定(歯車)アイコンをタップする
  3. メニューの中のシステムをタップ
  4. メニューの中の再起動をタップ
  5. 再起動の確認画面が表示されたら、「✔︎」を選択

まとめ

スマートウォッチ(FOSSIL  FTW4019)で充電出来なくなった場合の可決方法をご紹介しました。

しかし、まだ完全に解決する方法はわかっていません。

発生している状況から私は個人的にはWareOSのバグだと考えているので、OSが更新されたら治ると思あわれますが、問題が発生した場合は、今回ご紹介した方法を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました