2017年度最新、使用目的別おすすめタブレット

使用目的別のおすすめタブレットをご紹介します。



おすすめタブレット

電子書籍中心に

電子書籍の利用が中心の場合は使い勝手人気共に他の追随を許さないKindle Paperwhite 32GB。Kindle Paperwhiteには通常版とマンガモデルがあります。

Kindleはベストセラーや話題の最新作まで6万冊以上のマンガ、通常の書籍も35万冊以上の和書を含む400万冊以上のラインナップを利用できる世界最強の電子書籍リーダーです。

電子書籍の利点は多くの本が、紙の本よりもお安く購入できることで。Amazonでは日替わりセールや月替わりセールなどお得なキャンペーン等が利用できます。

Kindleには多数のモデルが用意されていますが、ご紹介する両方とも価格性能共にバランスが取れた一番人気のモデルです。

価格の安い下位モデルもありますが、画面解像度が悪くおすすめしません。

尚、マンガモデルには「快速ページターン」と「連続ページターン」という機能が付いており、前者の機能はマンガのページめくりのスピードが33%アップを実現した機能で。後者は画面長押しで、ページが高速で切り替わるのでお気に入りのシーンまで簡単に飛ばし読みが可能な機能です。いわゆるマンガのパラパラめくりを実現した機能です。

パソコンの代わりに使用

パソコン代わりに使いたい場合はSurface Pro一択です。

iPadは?と思う方もいるかもしれませんが、iPadは今年の秋にだいぶんPCの機能を取り込んできますが、いまだiPhoneの大型版としての機能および使い勝手で、仕事や学校で使えるレベルにはなっていません。

WINDOWS10のタブレットは安価で多数他社から出ていますが、安いにはちゃんと意味があってあまり安いものは、WEBの閲覧、メールぐらいしか使えない性能となっていますのでご注意ください。

尚、Surface Proのにも性能に応じて複数のモデルがありますが、実用上重視したいのはCPUではなく、メモリで8GB以上のモデルを絶対に選択してください。

4GBではどんなにCPUが早くても使い物になりません。

電子書籍も動画もSNSもマルチに使いたい

なんでもマルチの使いたい人はなんといっても鉄板のiPadでしょう。

iPadは2017年ラインナップが整理され用途に応じて

  • iPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad
  • iPad mini 4

となりました。通常用途で、性能で選ぶ場合は

  • iPad Pro 10.5インチ

価格を優先する場合は

  • iPad

がおすすめとなります。ただし購入する際は容量64GB以上のものを選択しましょう!32GBモデルは価格を安く見せるためのモデルで、アプリや音楽があまり入らず、ほとんどの人がすぐに買い替えを考えざるを得ない状況になると思います。ご注意を!



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク