iPad ProからSurface Goに乗り換える理由5つ

ガジェット



日本マイクロシフトが、新しいタブレット型パソコンSurface Goを発売すると発表しました。

iPad Proをパソコンの代用品としてしたいと思って来た筆者としてはすごく魅力的でだった為、早速iPad Proから乗り換える価値があるかチェックしてみました。

そして結論としては十分乗り換えに値するとの結論に達したのでその理由を5つご紹介したいと思います。

iPadからSurface Goに乗り換える理由5つ

理由その1:ファイル管理ができる

iPad Proをパソコンの代用として使いたいと思ってきた者にとって一番の課題はファイル管理でした。

とにかくiPad Proは文書管理が下手というか、管理が出来ない。

“2017年のiOS11でようやくファイル管理が出来るようになりましたが、

- アプリ間でファイルの共有が出来ない
- iPad Pro本体に任意に細かくフォルダを作ってファイル管理出来ない

という問題があり、これまでパソコンの文化に慣れてきた者にとっては、iPad Proは実質ファイル管理ができないと認定してました。

今回のSurface Goはもちろん完全版のWindows10が動作するのでファイル管理に関しては、一切の不安がないく完璧!

理由その2:マウスが使える

iPadは意外にもマウスが使えません。

画面をタッチ操作が出来る、Apple Pencilが使えるので要らないのではと思うひともいるかもしれませんが文書作成、管理を等を行う場合やっぱりマウスがあると便利ですし、作業効率がまったく違います。

これはすごいアドバンテージです。

理由その3:本体の価格が安い

Surface Goの方が若干ですが安い価格設定になっています。

多分iPad Proを意識した価格設定にしているものと思われます。

約5,000円でも安いほうが助かりますよね。

Suface Go 10.5インチiPad Pro
64GB 69,984円 75,384円
128GB 89,424円
256GB 93,744円
512GB 117,504円

※価格は税込み

理由その4:オプションの価格が安い

パソコンの代替として使う場合、基本的キーボードとマウスが必須となります。

純正品でこれを比較してみると約5,000円、Suface Goのプションの方が安く買えます。

本体と合わせて考えるとiPad Proよりもお得感が増します。

Suface Go 10.5インチiPad Pro
キーボード 12,744円 19,224円
ペン 12,744円 11,664円
25,488円 30,888円

【今回比較した商品】

キーボード:
Suface Go KCM-00019(純正品)
10.5インチiPad Pro MPTL2J/A(純正品)

ペン:
Suface Go EYU-00015(純正品)
10.5インチiPad Pro MK0C2J/A(純正品)

理由その5:ビジネスソフトの対応

当たり前のことですが。Suface Goはwindows10を搭載にされたパソコンなので、Windows10に対応したソフトウェアは全て動作します。

画像編集などCPUパワーが必要なもの苦手だとは思いますが、少なくともOfficeソフト程度であれば快適に使えりようなデバイスとなっているとのことなので、ソフトウェア資産としてはSuface Goの方が圧倒しています。

最後に

iPad ProからSurface Goに乗り換える理由5つをご紹介しました。

最後に価格についての補足ですが、Surface Goはオプション品を含め、電気量販店で購入する場合10%のポイント還元があるのでそういった意味でも魅力的ですね。