スマートフォン用の後悔しないフィルムの選び方

ガジェット
スポンサーリンク

私自身、スマーフォンが登場して以来、長年スマートフォン使い続けフィルムも機種変更毎に購入してきました。

この中で、どのようなフィルムを選ぶと後悔しないのか一定の法則がある事がわかって来たたので、今回公開したいと思います。

スマートフォン用のフィルムを購入して、品質の悪い製品にあたってしまい、直ぐに買い換えることになってしまった経験のある人や、高すぎる値段で購入しているのではと心配になっている人は是非参考にしてみて下さい。

スマートフォン用の後悔しないフィルムの選び方

フィルムの選び方と言っても、専門的な知識は要りません。

また、購入の際にめんどくさい手間も一切ありません。

ただ、次に説明する3つのポイントだけ覚えておいて下さい。

これだけで、後悔しないフィルムを選ぶ事が出来ます。

早速3つのポイントを見て行きましょう!

フィルムの素材

最初はフィルムの素材に関してです。

少し前までTPUというペラペラのビニールシートのような素材が主流でした。

このタイプのフィルムは最初は良いのですが、使っていると直ぐにシートの表面に細かな傷が入ってしまいます。

そしてこの傷に汚れなどが入り込んでしまい、せっかく綺麗なスマートフォンの画面がくすんだようになってしまうんです。

そこで、フィルムを選ぶ際は、ガラス素材のフィルムを選ぶようにしましょう!

このフィルムは当然素材がガラスなので、傷が入りにくく、汚れてもさっと一拭きで綺麗になります。

衛生面でもすごく良いです。

参考までに、ガラスはよほど強い力で、引っ掻いたり、ぶつけたしない限り傷が入ることはなく、私は通常使用の範囲で傷が入ったり割れたことはありません。

なので、半永久的に購入した時と同様に、綺麗に使う事ができます。

実は1度だけフィルムが割れたことがあります、それはスマホをコンクリートにひどい落とし方をした時で、その時はスマホ本体のフレームがはっきりわかるほどひしゃげてしまいました。よほどひどい使い方しない限り割れないですよ!

ガラスの素材

2つ目は、使っているガラスの素材です。

素材まで重要なの?

と思うかもしれませんが、実はガラスフィルムの場合、ガラスの素材が品質を決めます。

その証拠に、フィルムの品質をアピールするためにパッケージやサイトの説明文に、日本製の素材を使っている事をアピールする製品が多く見られます。

そこで、次のように書かれている製品を選ぶようにして下さい。

  • 旭硝子製(AGC製)素材使用
  • 日本製素材使用
  • ゴリラガラス使用

3番目はアメリカのコーニング社の製品となりますが、iPhoneの画面にも採用されている高品質なガラス素材を供給している会社の製品なので品質は確かです。

もう一つ素材選びが大事な理由だという証拠を説明しておきます。

皆さんは、100均のガラスフィルムを使ったことありますか?

100円で販売するにはガラスの品質がどうしても犠牲になります、その結、果見た目は同じように見えても耐久性が全く異なり、100均で購入したフィルムはかなり高い確率で、特にぶつけたり、乱暴に扱っていなくても、傷やヒビが入ってしまいます。

大事なスマートフォンをちゃんと保護するために、素材にも気をつけましょう!

適正価格で販売されている製品を購入する

最後に購入時の値段に関してお話しします。

みんなわかっていると思いますが、物には適正価格があります。

ガラスフィルムの適正価格は、1000円〜2000円になります。

先ほど100均の話をしましが、価格が安いと安いなりの理由、高ければ高いなりの理由があります。

スマートフォンをちゃんと保護する目的に購入する場合は適正化価格帯の製品を購入しましょう!

尚、ガラスフィルムの場合は値段が高くなればなるほど品質が上がるという製品では無いので、2000円以上で購入する必要はありません。

まとめ

今回、スマーフォン用の後悔しないフィルムの選び方を解説しました。

ポイントは次の3点

  • ガラス製フィルムを選ぶ
  • 日本製またはコーニング社製の素材を使ったフィルムを選ぶ
  • 適正価格(1000〜2000円)の製品を購入する

この3点を抑えてフィルムを選ぶとフィルム選びに失敗する確率は激減します。

是非試してみてください。

この記事を読んでくれた人におすすめの記事
iPhone おすすめフィルムをご紹介。安くて高品質、おすすめです
iPhone用のおすすめフィルムをご紹介します。 iPhone用のフィルムは家電量販店、携帯ショップ、ネットなどどこでも買えます。 でも、種類も豊富にあります選ぶが本当にむずかしですよね。 そこで、私が長年使ってきて信頼の...