VLOG撮影で今一番注目されているおすすめのカメラのご紹介

ガジェット



一昔前は、アクションカメラと言えばGoPro一択という状態でしたが、今は優秀な個性的なカメラがたくさん発売されています。

最近は高機能、高性能と言うよりも、もっと気軽に、もっと楽しくVLOGを撮りたいというニーズに答えた製品に人気があるようです。

今回、SNSを使って今一番注目されている製品を調査しましたので、その結果を皆さんにご紹介したいと思います。

この記事を読んでわかる事

  • VLOG撮影で今一番注目されているおすすめの製品がわかる
  • おすすめの製品の特徴がわかる

VLOG撮影で今一番注目されているおすすめのカメラのご紹介

Insta360 GO 2

特徴を一言でいうと、小型で磁石やアタッチメントなどで服などに取り付け、手ぶらで簡単に撮影ができるカメラです。

画質も、全モデルよりも上がっており、Amazonの評価も5つ星の内4.0と高評価です。

【主な特徴】

  • 小さくパワフル: 親指サイズのアクションカメラで、重さはわずか27グラム。 強力な1/2.3インチイメージセンサーを搭載し、1440pの鮮明な動画を撮影。
  • 頑丈で4メートル防水に対応。
  • どこでもマウント可能なウェアラブル設計。 磁石にくっつく付属アクセサリーでGO 2をどこでも好きな場所に取り付けてハンズフリーで撮影できます。
  • FlowState 手ブレ補正: 映像手ブレ補正と水平調整アルゴリズムにより、GO 2をどこに設置しても安定した映像が得られます。 スポーツ時など選手目線での撮影などで大活躍。
  • 多目的充電ケース: 充電器、リモコン、三脚が一体となったポケットサイズのケースが付属。 

Insta360 ONE X2

特徴を一言でいうと、小型でポケットサイズで360度の撮影が可能なカメラです。

画質も高画質で、手ブレ補正が優秀なのでジンバルも不要です。

また、まるでドローンから撮ったよな画像も撮れると言う遊びごころをくすぐる楽しい製品です。

【主な特徴】

  • 小型でポケットサイズにも関わらず、 5.7Kの超高解像度、H.265エンコードでたった一つのデバイスで一度に全てのアングルの撮影が可能。
  • 片面レンズを使用したステディカムモードなら、超安定した広角映像を撮影可能。
  • 進化した手ブレ補正と水平維持アルゴリズムで、常に安定した映像に。まさにジンバル要らず。
  • 見えない自撮り棒を使用して撮影すると、まるでドローン風のアングルや第三者視点での撮影を、驚くほど簡単に実現。
  • IPX8防水】最大10メートル防水。嵐やサーフィンといったシーンでもケースなしで撮影できます。

まとめ

VLOGで使うアクションカメラといえば、GoProと思っている人も多いと思いますが、今は高品質な画像が取れる性能を持ちながら、手で持たなくても身につけて撮影が出来るものから、かんたんに360度撮影が出来たり、まるでドローンから撮影したような画像が取れる機能を持つものなど、楽しい画像が簡単に取れる製品に人気があります。

VLOG撮影用に何を買おうか迷っているひとは是非参考にして見て下さい。

タイトルとURLをコピーしました