「WF-1000XM4」標準イヤピースが合わない人におすすめのイヤピースのご紹介

ガジェット



WF−1000XM4を購入しました。

購入して一番最初に驚いたのが音が悪いという印象でした。

前評判がと違うじゃないかと憤慨して、イヤピースのサイズを変更してみたりしたのですが状況が改善せず、どうしたものかと悩み、「Headphones Connect」でイヤピースの密閉状態を確認して見たところ、

ヘッドフォンの装着状態を調整するか、他のイヤピースに交換してサイド測定してください

と表示されるではないですか。

そうです、イヤピースが合っていないんです。

SONYのワイヤレスイヤホンは伝統的にノイズキャンセリングと高音質を実現する為に、イヤピースの密閉度が重要になります。

そこで別のイヤピースに交換してみたところ、密閉度も改善され音質も満足のいく高音質で聞けるようになったので、私のように標準イヤピースでは合わない人の為に、おすすめのイヤピースをご紹介したいと思います。

標準イヤピースが合わない人におすすめのイヤピースのご紹介

おすすめのイヤピース

おすすめのイヤピースはズバリSednaEarfitのXELASTECです。

特徴

究極のイヤーピースを目指したSednaEarfit『XELASTEC』 。

究極のフィット感を目指す為、素材に世界的なメーカーである独KRAIBURG TPE社の高品質な熱可塑性エラストマー(TPE:サーマルプラスティックエラストマー)が採用されています。

今回SONYが採用したウレタン系のイヤホンに似た特徴を持ち、イヤホンを耳に装着した際に体温により傘部分の形状が徐々に軟化、変形していき吸いつくような極上のフィット感が得られます。

実際に使ってみても、従来のイヤピースよりもフィット感が高く、さらに、形状が変形する事で耳道の特定部分に負担が掛かることが少なく、長時間使用しても快適です。

また、今回SONYが採用しウレタン系のフォーム素材より素材の耐久性が高く、イヤピースを頻繁に交換するといった必要がなく経済的です。

イヤピースを交換して音質は良くなったの?

音質はまず、測定で密閉度が悪かったときに比べて格段に良くなりました。

本イヤピースは、もともと高音や低音など特定の帯域を強調するような特徴をもったものでない為、全帯域のおいてバランスの取れた、解像度の高い音質が再現されているという印象です。

イヤホンケースに入るの?

イヤピースを交換した際の ’あるある’ にケースが蓋がしまらないと言うのがあります。

本イヤピースは「完全ワイヤレスイヤホン専用」として売られているもので、蓋が閉まらないと言う問題はまったく起こりませんでした。

もちろんイヤホンを強く押し込んで蓋をしめるという必要もありませんので安心して交換して使えます。

まとめ

簡単にまとめると、以下の通りで

・イヤピースが合っていないと高音質で音楽が聞けない

・イヤピースを交換すると問題が解決した。

・イヤピースの交換で、ケースの蓋が閉まらないなどの問題は発生しなかった。

イヤピースでお困りの方は是非試して見てください。

ウレタン素材のイヤピースが苦手な方にもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました