iPad Proのタッチパネルが反応しなくなる問題を解決する方法

ipad



2018年に発売されたiPad Pro 11でガラスフィルムを貼るとタッチパネルが反応しないという問題が発生しています。

私自身もこの問題の直面し、試行錯誤の結果、無事問題を解決する事が出来たので、その方法をご紹介したと思います。

同じような悩みをもっている人は参考にしてみて下さい。

 

この記事を書いたあとにiOSのアップデートがあり状況に変化がありました。

これについて下記の記事で紹介していますので本記事と合わせて参考にしてください。

iPad Proでガラスフィルムを貼ると反応が悪くなる問題が解決?
新型のiPad Pro(2018年モデル)が発売されるとすぐに、ガラスフィルムを貼ると画面をタッチした時に反応しない、反応が悪いなどがの現象が発生するという報告がネットでも上がり始め、実際にこの問題に遭遇し他人も多いのでは無いでしょうか。 ...

iPad Proのタッチパネルが反応しなくなる問題を解決する方法

実際に起った現象

まず具体的に私自身が体験した状況をお話します。

私はいつもiPadを購入するとガラスフィルムを購入しています。

今回も、何も考えず、いつも購入しているブランドのガラスフィルムを購入し、早速iPadに貼って使っていました。

そして最初はそれほど気になっていなかったのですが、たまに画面をスワイプしても画面が動かない事があることに気が付き、そしてこの現象は起こりだす頻繁に起こることがわかりました。

100%反応がないのであれば、何か問題があるのでは?と疑うのですが、実は後述しますが、この問題を回避する方法があり、無意識にそれをしている時は問題はなく、そうで無い時は画面のタッチの反応がすごく悪かったんです。

原因はなんだ!

隠しても仕方が無いので、ずばり原因をお話しすると、ガラスフィルムを貼った事が原因です。

この事はAppleもフィルムメーカも公にアナウンスしていませんが、ガラスフィルムを剥がすと全くタッチ性能に問題が無いことから間違いなく、ガラスフィルムを貼った事が原因です。

具体的になぜガラスフィルムを貼る駄目なのかはわかりませんが、最新のiPad Proの液晶は「Liquid Retinaディスプレイ」と新しい名前がつけらてている事から大幅に改良されているものと思われ、この結果これまでに無かった、ガラスフィルムの相性問題が新たに発生しているようです。

ガラスフィルムはiPad Proでは使えないのか?

先程原因はガラスフィルムとの相性問題だと書きました。

そうなんです。

使えるガラスフィルムもあるんです。

ネットで色々調べて、色々購入して試した結果ようやく全くタッチ操作に影響の無いフィルムを探し出す事に成功しました。

タッチ操作に影響の無いガラスフィルム

つぎの製品が私が実際に購入して試して問題ない事が確認できたのガラスフィルムです。

このガラスフィルムはアンチグレアタイプです。

もし、新型iPad Pro用のガラスフィルムをお探しであれば試してみて下さい。

ガラスフィルムを買い換えずに問題を回避する方法

私自身は先程紹介したフィルムを購入したので、問題は解決しましたが、ガラスフィルムを買い換える予算が無い、買い換えるまで何とかしのぎたいという人の為に、簡単に暫定的に対処する方法をお教えします。

じつは、右利きの人は左手でiPad Proの側面のフレームに触れた状態で右手の指でタッチ操作を行えば、問題なくタッチ操作が効くようになります。

この方法も、実際に私が何回も試したので間違いありません。

まとめ

今回iPad史上初めて、ガラスフィルムとの相性問題が発生しました。

しかし、問題なく使えるガラスフィルムがあること、また、この問題に遭遇しても暫定的に回避する方法があるので、ご紹介した方法を使って対処してみてください。

尚、タッチ感度が悪い場合、他の記事で

[設定]→[アクセシビリティ]→[タッチ調整]

で設定を変更してみましょう!

と書かれているものがありますが、今回のようなガラスフィルムとの相性が原因の場合、まったく効果はありませんので、設定を変える必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました