『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』のメールが来たので本当にマイクロソフトが送ったメールなのか調べてみた。

生活



最近立て続けに、

ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。

というタイトルのメールが送られて来ています。

宛先や送り主の名前等のヘッダーや会社名、問い合わせ先などのフッターが無いメールですごく怪しい感じのメールです。

はたしてこのメールはマイクロソフトが送ったものなのか調べてみました。

結論はフィッシングメールとよばれる、悪意を持ったメールです。

絶対にメール本文中にリンクをクリックしないで下さい。危険です!

今回のフィッシングメール

まずはメール本文全文をご紹介します。

セキュリティ警告!!

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

宛先も、問い合わせ先もまったく無いメールです。

フィッシングメールの典型的なタイプのものです。

そしてマイクロソフトのコミュニティサイトでミクロソフトの公式なコメントとして、マイクロソフトから送信しているメールではないと答えています。

繰り返しになりますが、絶対にこのメールのリンクをクリックせずに、速やかにメールを削除してください!

まとめ

今回送られた来た、

ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。

というタイトルのメールはマイクロソフトが公式に送っていないと発表していますので、即このメールを削除しましょう!

メールを見ただけであれば何も心配は要りませんが、メールのリンクをクリックすると個人情報を取られたり、被害に合うことが予想されます。気をつけて下さい。

最後に、豆知識として、今回はすごくわかりやすいフィッシングメールでしたのでコレを例に、見分け方を伝授します。

フィッシングメールの見分け方

  • 宛名が書かれていない(◯◯様)
  • 誰が送ったのか、問い合わせ先などを書いたフッターが無い

今回のように上記の内容が書かれていないメールはほぼ100%フィッシングメールだと思って間違いありません

だって業務用のメールで宛先や、誰から送ったものか書かれていないメールなんてありえないですよ。

これは送り主が、あなたのことを誰であるか認識していない証拠です。

ただ最近は、こういった事を言葉巧みに書いて送ってくるメールも多いので本当に気をつけて下さい。

怪しいと思ったら、そのメールに書かれているメールのリンクや、電話番号などにアクセスするのでは無く、今回の場合だったら、自分でマイクロソフトのサポートセンターの問い合わせ先を調べて、自分で問い合わせて見て下さい。

これがこのようなメールにひっかからない一番良い方法です。

コメント