iPhoneやパソコンの使い過ぎによる目の疲れ解消に効果があった方法3つと、効果が無かった方法2つ

近年、スマートホンやタブレットの普及に伴い液晶画面を見る時間が伸びていると言われています。

みなさんの中にも目の疲れを感じている人が多いのでは無いでしょうか?

わたしもその一人で、最近目が疲れやすく、日によって違うんですけどひどい時には朝からパソコンに向かって仕事を始め夕方頃までには、近くも、遠くもぼやけて見えない事があります。

仕事の関係で、どうしても一日中パソコンを使わなければいけないので、真剣に目の疲れを解消、低減する方法を色々と試してみましたので紹介したいと思います。



目の疲れに効果が無かった方法2つ

まずは、目の疲れに項がなかった方法についてご紹介します。

1.目に良いとされる栄養補助食品を摂ってみる

真っ先に試してみたのはこれです。

単純に目に良いと言われているブルーベールの入ったのジュースをこれまでのお茶や、コーヒー代わりに飲んでみたのですが、結論はまったく効果無しでした。

次に目のピントやぼやけやスマホやパソコンを酷使した目にの為のとうたっているファンケルの『えんきん』を言う商品を飲んでみましたがこれもまったく効果がありませんでした。

えんきんに限らずこの手の機能性表示食品と言われる商品は、効果があると言う人と、無いと言う人に真っ二つに別れるようで私には全く効果がありませんでした。

2.目薬

次に、疲れ目や目のかすみに聴くとうたっている目薬を片っ端から試してみました。

この手の目薬にはビタミンBやピント調整機能に効果があるというネオスチグミンメチル硫酸塩という成分が入っているものが多いです。

これを実売200円台のものから1,000円代のものまで有名なメーカのものは殆ど試してみましたが、目の乾きを解消する程度で、高い安いによる効き目の差も無く、効き目はありませんでした。

目の疲れに効果があった方法3つ

1.マッサージ

目の疲れの為では無く、肩腰のマサージに行ったのではたまたまキャンペーンで頭のマッサージが安かったのでこれを試してみた所、目の周りのマッサージもあり、終わった後に目の前がパット明るくなるぐらい目のかすみがなくなり見えるようになりました。

でもその効果は1日持たず次の日にはまた元の通り、かすみ目に悩まされるようになりました。

でもそれ以降、疲れ目のマッサージ方法をググって、疲れたと思った時にやっていると、前よりも目がかすむ事が少なくなりました。

私にはマッサージは良かったみたいです。

尚、目のマッサージは目の血行不良を解消するものらしいので、私も目のかすみは結構不良が原因の一つのようです。

2.目のストレッチ

目のストレッチと行っても5分ぐらいなるべく遠くをぼんやり眺めるだけです。

ほんやりですよ真剣に見ていけません。そうすると目の筋肉が緊張して逆効果だそうです。

この方法は凝り固まった目の筋肉をリラックスさせてほぐしてあげる効果があるそうです。

この方法はやってみるまで本当に半信半疑でしたが、絶大な効果があり、目がかすむ事が少なくなり疲れにくくなりました。

3.パソコン用メガネ

最近、眼鏡屋さんでスマートフォンやパソコンから発するブルーライトをカットするメガネが発売されています。

ブルーライトは眼精疲労の原因になると言われています。

私はJiNS SCREEN(HEAVY USE)を購入して使っていますが、格段に目が疲れにくくなったので効果がありました。

実は最新のiPhoneやiPadに搭載されているiOSにはNight Shiftというブルーライトを低減する為の機能が付いています。

私自身はこの機能よりもメガネの方が疲れにくいのので、iOSに搭載されているものは気休めなのかも?と思っています。

まとめ

私自身は、PCメガネで目の疲労を軽減し、マッサージ、ストレッチで疲れをほぐすというのが一番目の疲れの解消に効果がありました。

しかし今回効果がなかったと話をした、サプリメント及び目薬も人によっては効果があるとの話もありますので、人それぞれに原因に応じて対策が異なるのかもしれません。

でも、今回、私が効果があった、

  1. 目をなるべく疲労させないようにする。
  2. 疲れたら癒やしてあげる

というのが理屈で考えても一番理にかなっているような気がしますので、目の疲れにこまっている人はぜひ試してみて下さい。



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク