プレミアムフライデーの光と闇

2017年2月24日から始まるプレミアムフライデー、早くも光では無く闇の部分が多く囁かれているので、本当に有益な施策なのか勝手に分析してみました。



プレミアムフライデー

プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとは俗に言う『午後3時退社運動』のことで、GDP(国内総生産)の約6割を占める消費が盛り上がらない事に業を煮やし、対策を練っていた経済産業省と日本経済団体連合会(経団連)が対策を練ったもの。2016年に12月に取り組み方針を公表。

内容は経済産業省のホームページによると

1. プレミアムフライデーとは

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。
官民で連携し、全国的・継続的な取組となるよう、この取組を推進するための「プレミアムフライデー推進協議会」が設立されました。本日、第1回会合が開催され、実施方針・ロゴマーク等が決定しました。また、本取り組みを進めるに当たっては、働き方改革などライフスタイルの変革ともあわせて推進してまいります。
2. プレミアムフライデーの実施方針

(1) 実施時期

  • 平成29年2月24日(金曜日)
    (2回目以降も「月末」の「金曜日」を軸に実施)

(2) 実施主体

  • 買物・観光・ボランティア・家族との時間など、多くの方が「生活の豊かさ」や「幸せ」を感じられるよう、付随する商品・サービス、イベントなどを地域・コミュニティ・企業等で検討

(3) 対象地域・業種

  • 全国各地で、業種にとらわれずに実施

(4) 実施期間

  • 金曜日を核とし、金曜日から日曜日の3日間とするなど、柔軟に設定

という感じで、政府としては昨今ニュースで取りざさされている残業の問題と、消費を促す為の施策で、旗は降るけど企業におまかせ!といった施策です。

導入企業は?

カルチュア・コンビニエンス・クラブが実施した「働き方に関するアンケート調査」によると、

  • 導入する   3.4%
  • 導入しない 68.2%
  • わからない 28.3%

と、経団連が音頭をとっているにも関わらず企業側としても本施策に否定的または様子見といった感じとなっているようです。

私が務めている会社でも実施見送りです。

ネットの反応は?

この施策を応援する記事を除いて、基本的には否定的な反応が多いように思います。

ソフトバンクのようなおこずかいとして1万円を支給してくれる一部の例外的企業の人以外の多くは有給を使いなさいというノリになっており、結局休みたく無い時に強制的に有給を消化させられるはめになるようです。

また私の周りの殆どの人が言っているのが、
− この休んだしわ寄せを何処かで埋め合わせないといけないので大変
− 最近残業の制限が厳しく時間が無いので有難迷惑である

と言った意見です。

ほんと、昨今風潮で残業出来なくなり、収入も減っているのに、休め!金使え!と言われても正直無理!って言いたくなりますよね。

昨今の残業減らしは、国が目的としている効果よりも、業種によるかと思いますが、最終的には多くの人が家に帰ってのサービス残業をせざるをえない状況を助長するものと思えてなりません。

これは国が進める日本全国ブラック企業化計画での立てているのか?と疑いたくなります。

みなさんはどうですか?



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク