ノロウイルスに関する正しい知識

ノロウイルスについて医学的な情報は専門的なサイト等にお任せして、知りたい情報に絞って簡潔に情報をお届けします。

尚、本ブログの情報は厚生労働省などの公的機関から公表されている現時点で正しいとされている内容のみをお伝えします。

ノロウイルス

ノロウイルスとは?

ノロとはもちろんウイルスの名前の事ですが、一般的には病名としても使われています。ノロとは正しくはノロウイルスによる感染性胃腸炎及び食中毒の事です。

流行する時期

食中毒と聞くと夏を想像しますが、一年を通して発生し、特に冬季に流行するのが特徴です。

11月くらいから件数は増加しはじめ、12~翌年1月が発生のピークになる傾向があります

感染経路

ノロウイルスは手指や食品などを介して、口から感染し、ヒトの腸管で増殖します。

感染した時に症状

感染するとおう吐、下痢、腹痛、軽い発熱などの症状が出ます。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で1~2日症状が続いた後治癒し、後遺症はありません。

感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。子どもやお年寄りなどでは重症化する事があります。

ワクチン・治療

ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため、通常、点滴などの対症療法しかありません。

体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行う必要があります。

下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しない方が良いです。

予防方法

ノロウイルス食中毒を防ぐためには、

  1. 食品取扱者や調理器具などからの二次汚染を防止する
  2. 加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱する
  3. ノロウイルスに感染した人のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが排出されるため気をつける
  4. 手洗いを十分する。 手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。

ノロウィルスによる食中毒の発生件数

平成25年
事件数(件)    481
患者数(人) 14,876

平成24年
事件数(件)    293
患者数(人) 10,506

平成23年
事件数(件)    328
患者数(人) 12,672

※尚、過去12年死者で出ていません。

ノロウイルス食中毒の原因となる食材

食中毒事例のうちでも約7割では原因食品が特定出来ていないとの事ですが、2枚貝が原因となる場合があるようです。

感染した場合の消毒方法

ノロウイルスは感染力が強く、ドアノブ、カーテン、日用品などからもウイルスが検出されます。感染者が発生した場合、消毒が必要な場合次亜塩素酸ナトリウム※などを使用してください。ただし、次亜塩素酸ナトリウム※は金属腐食性がありますので、消毒後の薬剤の拭き取りを十分にするよう注意してください。

※家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できます。(使用に当たっては「使用上の注意」を確認しましょう。)






フォローする