【Apple pencil】iPad本体にくっつくおすすめ代用品をご紹介

random note
スポンサーリンク

「Apple pencil(第二世代)がほしい。」
「Apple pencil(第二世代)一度使ってみたい。」
という人、たくさんいると思います。
でもAppleの純正品は値段が高いから購入するのに勇気がいりますよね。
そこで今回、純正品と遜色のない機能を持つおすすめできる製品を見つけたので紹介します。
純正と同じようにiPad本体にくっつけることができるマグネットがついている製品です。
では早速紹介します。

Apple Pencilのおすすめ代用品のご紹介

おすすめ代用品

これが私がおすすめする、Apple Pencil(第二世代)の代用品です。

次におすすめのポイント、特徴などを紹介するよ!

値段は安いの?

なんと純正品の約1/5と、おどろきの値段で購入できます。
具体的な金額は、クーポン配信などでさらにお得になっていることもあるので下のAmazon公式サイトのリンクからチェックしてみてください。

Amazon公式サイト

純正品は15,980円。それがこの値段買えるんであれば本当に助かりますよね。
個人的には2本目として即買いしました。

対応機種は?

2018年以降の次の機種に対応しています

  • iPad
  • iPad Pro
  • iPad air
  • iPad mini
上位機種だけで無く、無印iPadでも使えるよ!

iPad本体とくっつくの?

Appel Pencil(第一世代)ではペンが転がってどこかに行ってしまうと言う問題がありました。
この問題を可決するために、AppleはiPadとPencilにマグネットを搭載しApple Pencilホルダの機能を搭載しました。
この機能が本当に便利で、ペンは無くならないし、持ち運びにも楽で、利便性が格段に向上しました。
私の中でもペンシルに求める機能の上位3位に入る機能がこのiPad本体とペンがくっつく機能です。
本製品では、この機能が搭載されいます。

この製品をおすすめする決め手の一つがこの機能です。
iPadユーザにとってはこの機能は本当にありがたい。
一点注意点があります。
対応機種の中で、無印iPadは本体にPencilをくっつける磁石が付いていないので、この機能は使えません。

基本性能、描き味は?

どんなに安くても、線や文字の書き味など、文字や線を書くための性能(書き味)が悪いとストレスになってしまいます。
この点はどうでしょうか?
この製品には、純正のApple Pencilと同様に「傾き検知機能」がついているので、ペンの傾きを変えると線の太さを変えながら線を書く事ができます。
また、パームリジェクションという、手のひらが当たっても誤操作を防止する機能もいています。
基本性能もしっかりしていて、実際に使ってみて特にApple Pencilと比べて不満を感じる点はありません。

文字だけでは無く、絵を描きたい人にもおすすめできます!

デメリットはないの?

次にデメリットを見てみましょう。
基本性能には特に問題らしい問題はありません。
でも、デメリットと言うことではありませんが、純正のApple Pencilと大きな違いが1点あります。
それは充電の方法です。
純正のApple PencilはiPad本体にマグネットで吸着させた時に本体から自動的に給電され充電できますが、本製品ではUSBケーブルを使って充電する必要があります。
Apple製品意外、マグネットの吸着で充電できる製品が発売されていないので、多分この充電方法をAppleが公開していないものと思われます。

次際に使ってみた印象ととしては、純正のApple Pencilの優位点はこの充電方法だけ。
この点だけ許容できれば1/5の値段に手に入るので、こちらを購入する価値は十分ありますよね。

まとめ

今回おすすめのApple Pencilの代用品のご紹介をしました。
基本性能は問題はありませんが、充電方法だけは純正のApple Pencilの方が便利ではあります。
でも価格が1/5に抑えられると言うのはすごく魅力的です。
総合的にみて、1本目としても、予備の2本目としても十分おすすめできる製品だと思います。
購入の参考にしてみて下さい。