2017au新料金プラン『ピタットプラン』発表!本当に安くなったのか早速検証してみた

auがスマートフォンの新料金プランを発表!本当に安くなるのか早速検証してみたいと思います。

先日docomoが発表したプランは1500円ずっと割り引くプランを発表しましたが、機種は限定的過ぎて使えない!と評判は良くありませんでした。はたしてauは….。

2017au新料金プラン

概要

詳しい説明に入る前に簡単に新料金プランを説明します。

今回新しく料金プラン

  • 「auピタットプラン」
  • 「auフラットプラン」

が追加されました。今回の料金プランの目玉は「auピタットプラン」で簡単にまとめると以下の通りとなります。

  • 通話もデータのコミコミ
    従来のカケホ、スーパーカケホの料金プランと同様に音声通話の条件に応じて2つのプランが用意されています。
  • 毎月の料金は「使った分だけ」
    今回の料金プランは利用料金に応じて自動的に料金プランが変更され、その金額が請求されます。通信料段階別課金で昔の従量制課金に戻った感じです。ただし昔のように青天井では無く、各種割引を入れないで11,000円が最高金額の設定になっているので安心です。
  • auの4GLTEスマホ対象
    docomoの用に特殊指定端末だけでなく、既にお持ちのスマートフォンにもこのプランは適用されます。ただし、Android端末のみでiPhoneは対象外となっています。
  • 20GBまで速度制限なし
    料金プランが20GBまで用意されているのでここまで速度制限がかかりません。

本当に料金プランは安くなるのか?

一番契約者が多い『カケホ』と『スーパーカケホ』で確認してみましょう!

以下は誰でも割と、スマートバリューの割引込みの料金比較です。

【カケホ vs auピタットプラン(カケホ)】

  • 2Gプラン 5566円 → 4980円(-586)
  • 3Gプラン 6266円 → 5480円(-786)
  • 5Gプラン 7066円 → 6480円(-586)
  • 20Gプラン 8066円 → 7480円(-586)

【カケホ vs auピタットプラン(スーパーカケホ)】

  • 1Gプラン 4400円 → 2980円(-1420)
  • 3Gプラン 5700円 → 4480円(-1220)
  • 5Gプラン 6000円 → 5480円(-520)
  • 20Gプラン 7000円 → 6480円(-520)

これまでのプランから新プランに乗り換えると大体500円強、率にして10%前後の割引率になる事がわかりました。

ただお気づきの通り、auピタットプラン(スーパーカケホ)の1Gと3Gのプランは特に大幅に安くなっています。

格安SIMで人気のMVNO業者への対抗をかなり意識した料金設定にしているものと思われます。

お得なキャンペーン

これだけ値段を下げて来た上でさらに新料金プランに加入のユーザ向けに「ビッグニュースキャンペーン」が実施されます。

毎月1年間1000円割り引く太っ腹な企画です。

受付期間:
2017年7月14日(金)~2017年12月31日(日)

概  要:
機種変更・新規契約(他社からの乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」に申し込んだ場合、翌月から1年間ご利用料金から毎月1,000円を割引

まとめ

まとめると今回の料金プランはAndroidユーザにとってはすごく魅力的なプランになっています。格安スマホを検討している人も、SonyのXperiaなど最新の人気機種にも適用されるという事などから検討の余地が十分あるものと思います。

さて他社は追随してくるのでしょうか?そして格安SIMのMVNO陣営はこれによって失速する事になるのでしょうか?






フォローする