TOEIC新形式問題を受験したのでその結果から見えた問題の特徴そして対策をご紹介します

英語学習



phone-1052022_1280

TOEICの600点前後でウロウロしている私がTOEICの新形式問題になってから始めて受験してきたのでその結果をご紹介します。

まずは結果発表

ナマのスコアは内緒にさせて頂きますが6ヶ月ほど前に受験した時に比べ

  • リスニング  40点ダウン
  • リーディング 50点アップ

で合計10点ほどアップしました。

結局TOEICの旧問題と新問題で大きなスコアの差は出ないという結果になりました。

まあTOEICの試験問題を作った人の思惑通りというところでしょうか?

新形式問題の特徴!

結果発表だけだったら何の役にも立たないので、実際に受験した感想とスコアを見ていきたいと思います。

まずスコアみてみなさんお気づきになりましたか?そうです、リスニングが下がって、リーディングが上がったんです。

実はこれ、問題を解いている時の印象とまったく同じ印象だったので、じつがこれが今回の新形式問題の特徴なんだと思います。

まずリスニングですが、私は従来の形式の時よりも難しいと感じました。何が難しいって、良く内容が聞き取れないんです。

どういう事かと言うと、旧形式の時はネイティブが喋っているとは言え、わかりやすく発音してくれているという感じでしたが、新形式ではよりネーティブ同士が普通に会話をしているのに近くなっている感じがしました。

そして、会話をする人が3人の出てくるパートがあるので、スコアが600点ぐらいの人は少し戸惑うと思います。

次にリーディングですが、これは文章自体は簡単になっています。結構読めるじゃん!って感じで解いて行ける文章が多いのですが、とにかく読まなければいけない量が増えていて、読んでも読んでも終わらない感じです。結局私はリーディングのパートは7割ぐらいしか解けませんでした。そして残り3割は残り5分で適当にぬりつぶしました。

新形式問題の対策は?

最後にTOEICの新形式問題の対策ですが、スコアが600点ぐらいの人は、リスニングを強化するとスコアが上がると思います。リスニングの会話自体はそんなに難しくなった印象は無く、ただ聞けないっていう感じだったので….

そしてはリーディングは簡単になったのですが読む量が多くなったので、簡単な英文を読み込んで読むスピードを上げる練習をしないと、もう一段高いスコアを狙えないと思います。

どうですか?参考になりましたか?

全体的に問題は簡単になったと思いますが、リスニングは実践的に、リーディングは多読が必要になったので少し勉強の方法を変えた方が良いと思います。

あっそれで、印象としてはテクニックでなんとかなる文法は殆どなくなったので、この手の対策は新問題にはあまり通用しません。

 

コメント