働き方改革で日本のサラリーマンは『ゆとり教育』化!ゆとりと言っている間に退化してロボットに仕事を取られる?

働き方改革で日本のサラリーマンは『ゆとり教育』化!ゆとりと言っている間に退化してロボットに仕事を取られる?

大企業で働いているサラリーマンの視点から見て、今回政府が掲げた働き方改革の現実をみて行きたいと思う。

みなさん働き方改革で生活が豊かになりましたか?

正直言って私の周りを見ていて『YES』もしくは『良い方向にある』と答える人は皆無だと感じています。

みなさんは大企業にどんなイメージを持っているでしょうか?

某、事件のあった会社のように不夜城のように電気が24時間点いていて仕事をしていると思ってしますか?

実際はそうではなく、半分は定時で退社して、残りの半数が遅くまで働いている感じです。

では残りの半分とはどんな人だと思いますか?

大企業と言っても全てが仕事が出来る人ばっかりでは無いんです。そして、仕事は仕事が出来る人のところに集まるんです。それが現実です。

 

今回の政府の働き方改革の大号令を受けて会社取った行動は、簡単に言ってしまうと

『〇〇時完全退社の厳守して下さい』

ただこれだけです。

これを聞いて皆さんどう思いましたか?あなたが残り半分の仕事ができる人だと思って考えてみてください。

やった〜。社命で正々堂々と早く帰れる!と喜ぶ人がどれだけいるのでしょうか?

そうです。まったく喜べないです。

なぜならば先ほど書いた通り会社からの条件は一つだけ、早く帰れ!これだけです。仕事量を減らしてよい、生産性を下げてよい、品質を下げてよい、なんて一切言われていませんし、もちろん、絶対に言ってくれません。

さらに、仕事は出来る人の所に集まると言いましたが、仕事量を減らすために、いつも早く帰る人に仕事を回せると思いますか?

そうです無理なんです。

さてみなさんがこのように言われたらどうしますか?

うちの会社の場合は会社の入退出の管理がしっかりしているので、無視して会社に残ることは不可能。

そうです答えは2つ。

  • 指示に従って会社は出るが、家に帰って続きの仕事をする。
  • 上司に今日予定していた仕事が終わらなかった事を告げ帰宅する。

現状1つめの『指示に従って会社は出るが、家に帰って続きの仕事をする』が一番多い回答になるのではないかと思います。

でもこれはれっきとしたサービス残業です。

会社としては家に返したと言えるので法的にはサービス残業とはならないんでしょうが、事実上サービス残業となります。こんな状態で然豊かな生活が出来ると思いますか?

私の率直な印象は、国が企業を率先してブラック企業化しようとしているように見えます。ありえない政策ですよね。

しばらくはこれでなんとか頑張る人はいると思いますが、無休で仕事なんてあほらしくてやってられなくなり。しばらく経つと2つ目の『上司に今日予定していた仕事が終わらなかった事を告げ帰宅する。』になって来ると思います。

多分、国の残業規制や圧力などで会社側も時間内に出来なかったら仕方ないですね、明日頑張りましょう!または、では◯◯割仕事を減らしましょう!とならざるを得ない事は目に見えています。

これって何処かで聞いたことありません?そうです。詰め込みはダメ、ゆとりを持って学習しましょうといって始まったゆとり教育とそっくりではないですか?

私はこの事から勝手に『サラリーマンのゆとり教育化』と勝手に呼んでいます。

コレになったら最後、日本の企業は、もう2度と中国、韓国企業などに勝つことはなくなってしまうでしょう。もちろん景気も減速して景気が悪くなります。

そうなるとどうしたら良いでしょうか?

賢い人(会社の幹部?)は考えます。

そうだ、ロボットやAIの活躍を促進し社員の負担を減らそう!と….

こうなると結局は人間の大リストラが始まります。

話が飛躍しすぎと言われるかもしれませんが、コンビニなんかは既にAmazonが無人化の実験を始めていますし、車の自動運転技術の開発が急ピッチで行われています。

経営陣からすると、残業させられない、管理のめんどくさい人間より24時間文句も言わず働いてくれるロボットに置き換えるのは自然の流れだと思いませんか?

こういった時代が働き方改革を発端として始まる事を私は予想します。

人間の働き方は各個人に働き方を委ねる方向であれば、各人が能力を伸ばす方向で各人が改革がを進めることは可能だと思いますが、一律の残業規制や、プレミアムフライデーの押し付けでは日本人が退化してしまうのではないかと危惧します。

最後は話が、SFっぽくなってしまいましたが、この話が10年後に取り越し苦労だったと笑えれば良いのですが…..

 

 

みなさんはどう考えますか?