Xperiaをダークモードにする方法。壁紙を黒にする方法も合わせてご紹介

xperia



iPhone(iOS13)に引き続き、AndroidもAndroid10からダークモードが使えるようになりました。

ダークモードを使うと暗い所でスマホを使う時に画面が眩しくなくなります。

しかし待ち受け画面明るい画面のままです。

そこで壁紙を黒に変更する方法も合わせてご紹介します。

Xperiaをダークモードにする方法

ダークモードに変更するメリット

すでにご存知かと思いますが、ダークモードにするメリットを簡単におさらいしておきます。

一番のメリットは、スマホの画面の眩しさを防ぎ目に優しいことですが、有機ELのディスプレーを搭載したスマホでは電池消費抑えることも出来ます。

LINEなどスマホを使う機会が多い人にはおすすめの機能です。

ダークモードに設定するとどうなる?

ダークモードは個別のアプリで設定するのでは無く、Andoridの設定で行います。

これで、ダークモードに対応したアプリであれば、背景が黒、文字が白に自動的に変更され表示されます。

ダークモードに対応したアプリでなければ、これまで通りの表示となります。

ダークモードに変更するための条件

ダークモードの利用はOSがAndroid10以降が条件となります。

スマホ購入時にAndroid10でない人も、購入から2年間はOSのバージョンアップがある機種が多いので、これを待てば、機種変更しなくても使えるようになります。

ダークモードに対応したアプリ

ダークモードに対応したアプリは、まだGoogleの設定画面、カレンダー、時計、電卓など、Googleが提供するアプリが中心ですが、LINEなどのサードパーティーアプリの対応も始まっています。

Xperiaをダークモードにする方法

それではダークモードに設定しましょう!

  1. 設定メニューを表示
    「設定」→「画面設定」→「詳細設定」をタップ
  2. ダークテーマを設定
    表示の項目にダークテーマの項目があるので、これをタップ

設定前画面:

設定後画面:

これで設定完了です。

壁紙を黒くする方法

次に壁紙も黒くしましょう!

  1. 待ち受け画面長押し
  2. 画面上にメニューが表示されるので「壁紙」を選択
  3. 最下段に選択できる壁紙の一覧表があるのでその中から真っ黒のものを選択
  4. 画面上段の「✓壁紙を設定」をタップ
  5. 壁紙をどの画面に設定するのか聞いて来るので、「ホーム画面とロック画面」を選択。

これで完了です。

設定前:

設定後:

壁紙はもちろん好みで選んで良いのですが、電池持ちを改善したい人は真っ黒にするのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました