Xperia XZ premium用におすすめの液晶保護フィルム

xperia



Xperia XZ premiumのおすすめの液晶保護フィルムをご紹介します。

私のおすすめはガラス素材のフィルムです。

ガラスフィルムは画面の美しさ、汚れの拭き取りやすさ、フィルムの貼りやすさはこれまでのPET素材のフィルムに比べて格段に良いんです

なお、ガラス製のフィルムと言ってもいろんなタイプがあるのでタイプ別にご紹介したいと思います。

また、最後に自分の好みの保護フィルムを選びたいという人の為に、私が選ぶ時のポイントを参考にご紹介します。

おすすめの液晶保護フィルム

ベーシックタイプ

本製品はガラス製の基本的な特徴を抑えた製品です。スペック的には他のものと変わりませんが、日本製のガラス素材を使っているところを評価しています。

私自身もこれまで旭硝子の製品を使い続けていますが、今のところ品質に問題があった事はありません。おすすめです!

またこの製品は安いですね最近はAmazonだとガラスでも1000円で手に入るのでお財布に優しくて本当に良いですね。

端がラウンドしていて液晶画面全体を保護するタイプです。

ブルーライトカットタイプ

 

安心の日本旭硝子を使った保護フィルムです。



きわもの

保護フィルムではめすらしい、スマホ本体にもよく使われる有名なゴリラガラスを使っている製品です。ゴリラガラスファンの方は一考の価値ありです。

まあ、ゴリラガラスファンで無くても、一流ガラスメーカの製品なので品質には問題ありません。

本タイプもケースと干渉する恐れがあるので注意も必要です。



最新液晶保護フィルムの選び方

最後に自分で好みの液晶保護フィルムを選びたい!いろいろ説明が書いていあるが何のことかよくわからないという人の為に、私の選び方を参考までにご紹介します。

保護フィルム素材選びは重要?

私は一番重視しています。そして断然ガラス製が良いです。画面のキレイさ、指紋の拭きやすさ、フィルムの貼りやすさのどれを取っても従来のPET製(いわゆるビニール製)より断然良いです。最近はスマホ、タブレット、PCでもガラス製のフィルム以外買った事がありません。

ブルライトカット機能って必要?

これは目に良くないとされるブルライトという光を低減する機能です。これに関してはメガネにもこの機能が付いているものがありますが、私が調べた限りではブルーライトが本当に目にとって悪いのかは科学的に証明されていないと言う認識です。でも私は一日中パソコンの画面を見て仕事をしているのですが、ブルライトカット眼鏡を付けるようになって目の疲れが軽減される事を経験しているので、気休めかもしれませんが個人的にはこの機能が付いた製品を基本的には買うようにしています。よって本サイトでは本機能がついた製品を特に推奨させていただきます。ブルーライトカット機能付きを購入した場合のデメリットですが、原理的に液晶の色がうっすらと茶色がかった色になるはずです。ただし、これは光のカット率によって色味が異なりますが一度つけるとほとんど気にならないと思います。価格も特に跳ね上がるという事もありませんので、画面の色味以外は特にデメリットはありません。

ガラスのメーカー

これは販売元では無く、ガラスそのもののメーカの事です。私は極力日本製のメーカ(日本旭硝子製)の素材を使っていると公表している製品を選んでいます。ネットで購入する場合は特にこの法則で商品を選ぶと、販売メーカー自体が聞いたことが無い外国のものであっても、少なくとも私は外れを引いたことはありません。実際はアメリカのゴリラガラスなど一流品は世の中沢山ありますが、我々素人はよくわからないので困ったら日本製のガラスを使っている製品を購入すると失敗が少ないです。

フィルムの硬度

よくパッケージに硬度9Hとか書いていますが、無視していいいです。ガラス製はすべて9Hです。現在はこれ意外の硬度の商品は見たことがありません。

フィルムの厚み

若干ですが商品によって厚みが違います。それほど気にする必要はありませんが出来るだけ薄い方が付けた感が無くて個人的には好きです。だいたい0.3mm前後のものであれば問題ありません。

『気泡ゼロ』『自動吸着』『高透過率』『指紋防止』『反射防止』 『飛散防止』

はっきりいってこれらは気にしたことはありません。特にパッケージに明示して無くてもこれらまたはこれに類する機能を付いていない商品は現在で回っている商品では無いと言ってよいと思います。これが無いと困ると言う人は一応気にしても良いかも?といった程度です。

 

Xperia XZ Premium おすすめケースのご紹介
Xperia XZ Premiumのおすすめケースをご紹介します ケースにはクリアタイプ、ストレートタイプ、手帳タイプ、耐衝撃タイプ、バンパータイプと色々なタイプがあります。 本サイトでは、これらタイプ別にオススメのケースを紹介...
タイトルとURLをコピーしました