【悲報】新型XperiaがIFA2017で発表されるも実質的に全く進化なし。

ドイツのベルリンで開催されるIFA2017で新型Xperiaの発表があった。

事前予想では2機種とのうわさもあったが結局3機種が発表された。

LGなど他社は意欲的な端末を発表しているにも関わらず、ソニーは相変わらず時代から2周遅れの、見た目は前型モデルと変わらず、中身についても一般ユーザからすれば前型モデルと変わらずと言ってよい内容での進化に留まってしまった。

また、XZからXZ1とフルモデルチェンジを思わせる名称にも関わず、ハッキリ言ってマイナーチェンジもいいところといった内容です。

日本のメーカで唯一かろうじて世界に通用するかも?といったメーカであるにも関わらず、原残念としか言いようの無いものでした。

こんなだったらIFAに出さなければ良いのに…..。



新型Xperiaの内容の紹介

Xperia XZ1

ソニーの中ではフラグシップの位置づけのモデル。

但し、時代に逆行してというか、追いつけず、今だ上下のベゼルが分厚い2周遅れのデザインのスマホです。

最近のスマホは画面が大きいためデザインで差をつけにくく、どこのメーカも似たり寄ったりのデザインの中、しっかりと防水機能を持ちながら上品でしかっり存在感を出せていただけに、ここ数年ほとんどデザインが変わらず、技術力が無いの?と思わせてしまうのは問題だと思います。

本当は技術力あるのに…..。

位置を進化したと発表されているものを列挙すると

  • チップセットには「Snapdragon 835」を採用
  • カメラのソフトウェアの改良により先読み機能の搭載
  • HDR動画の再生に対応
  • Xperia最高の音圧で、フロントスピーカーの音量が50%アップ

こんな感じです。どうですか?

購入して使って見ても、前モデルのXperia XZ Premiumより進化したと体感できる機能はたぶん無いと思います。



Xperia XZ1 Compact

これは説明するのがすごく簡単。

Xperia XZ1の単なる液晶が小さいバージョンです。

なんのひねりもありません。

違いはそうそう、カラーバリエーションだけ違います。

これまでのように小さいからって機能を削減して機種間の差別化をするのもどうかと思いますが、まったく機能的になんにも区別もつけないというのはどうなんでしょうか?

たぶん日本ではこの機種は女性ターゲットとなると思うので、ターゲット意識して少しデザインを変えるとかすればよいのにと思いますが…..。

ぶっちゃけ、少し小さくしただけのやる気なし端末ですね。



Xperia XA1 Plus

ミドルレンジの端末出さないって自分で言ったじゃん。ソニーさん。

液晶部分は5.5インチと今回発表された中では一番大きいですが、日本では発売の無いXAの後継モデルで、スペック的にも明らかにミドルレンジモデルです。

Appleのスティーブジョブズも商品来ナップについてうそを何度もついていましたが、この業界は平気でうそをつく文化が根付いたのでしょうか?

ミドルレンジを止めると言う前は、フラグシップは年に1回しか出さないと言っていたような気もしますが….

まあ実際最近は目立って機能アップして全面改良の新型機という印象のモデルはここ数年出ていませんが…。

長年Xperiaユーザを続けて来ました。もう一回来年の春まで様子を見ようかと思いますが、それでも進化が無いようであればそろそろiPhoneに切り替えようかと思う今日この頃です。

では来年の春にお会いしましょう!



スポンサーリンク







関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク